人・思・心 「困っている人を助けたい」それが私たちの原点です。

トップページ > おしらせ
優しさあふれる環境の中で、地域とともに自立した生活を

グループホームとは?

グループホームがどのようなところなのか皆さんご存知でしょうか?

グループホームとは、認知症の方が小規模な生活の場で、少人数(5人~9人)

を単位とした共同生活住居の形態ですhappy01

スタッフがご入居者様と一緒に食事の支度・掃除・洗濯を行い、

家庭内で落ち着いた雰囲気の中で、生活を送ることにより

認知症状の進行を穏やかにし、家庭介護の負担を軽減するという役割をもっていますnote

100.JPG200.JPG

〈ホームでの本日の役割〉・・・洗濯たたみ

今日の担当はS様とT様!

おしゃべりをしながら、慣れた手つきで、一枚一枚丁寧に畳んでくださっていますheart01

いつもありがとうございますclover

 

〈ホームでのリハビリ〉

300.JPG400.JPG500.JPG

年を重ねていくことで、今までと違う自分をかんじることがあります。

まず体力でしょうかsmile”歩きましょう”と言ってもホーム内と外を歩くという

身体の感じる疲れや体力の消耗具合は全然違います!

そこでホームのご入居者様にも、現在の機能を維持!又は、

すこしでもアップ出来るように、法人内の理学療法士の方に個々の状態を

見て頂き、リハビリの指導をうけておりますnote

こちらの御入居者様は立ち上がりの練習です

回数などは、その日の体調に合わせながら、スタッフも見守りながら、一緒に

行っておりますheart01

1日(3セット)行い本日のリハビリは終了でしたclover

007.JPG011.JPG

こちらの御入居者様は、普段より毎朝ホーム内の廊下を歩行されたり、

体操をされたりと、自ら運動に取り組まれていますrun

”継続は力なり”と本人さんもおっしゃっており日々頑張っております

そろそろ気候も秋めいてきましたので、屋外での散歩も徐々に増やしていける事でしょう♪

そして、日課として、毎朝新聞を読まれることを楽しみにされており、

お供に単行本も部屋に積まれていますbook

これは”頭の体操”だそうですheart01

皆さんリハビリは中でも素敵な笑顔を見せてくださいます

 

これからもスタッフも一緒に楽しみながら取り組んでいきたいと思いますwink

寛容会グループ